職場の変え過ぎは転職で不利になる?

何度も転職を繰り返している看護師による転職活動

看護師は離職や転職の多い職業である事が知られています。医療現場で続く慢性的な看護師不足により、本当に多くの看護師求人が出ている状況ですので、看護師の皆さんは自分に本当にあった職場を選ぶ事ができます。

もしも看護師の資格を活かしながら、自分の価値観やライフスタイルを尊重できる選択肢が存在しているのであれば、ぜひそのような職場に出会いたいと思うのは当然の事でしょう。今後看護師の転職はますます盛んに行われていくのではないでしょうか。

とはいえ、いくら引く手数多の売り手市場であるといわれる看護師の就職・転職シーンでも一人の看護師による度重なる転職は本人の価値をダウンさせかねない行為であると言えるでしょう。

たしかに他の職業と比較すれば、看護師の転職はハードルが低く、またデメリットやリスクの少ない物の様に感じられるかも知れません。しかし、しなくても済む転職なのであれば、転職をせずに不満や悩みを解決させる事がベストなのです。

もしも、過去に複数回の転職を経験していて、そこに更なる転職をしなければならなくなった時は、揺るぎない「いままでの転職理由」を持って面接官を納得させる必要が出てきます。離職や転職の多さは、「またすぐ辞めるのではないか」といったマイナスイメージを与える要因になってしまうからです。

もしもこれまでの離職や転職が出産や結婚によるものなのであれば、その旨を正直に伝えましょう。職場に対しての不満から離職・転職したのではない、という事を伝える事で、そのマイナスイメージを払拭する事が出来るかも知れません。

さらに、入職後は長く続けていきたいと考えている事、また、これからの展望をより具体的に伝える事で 「すぐに辞めるつもりはない」という意思を伝える事も大切でしょう。

たとえ看護師であったとしても、何度も転職を繰り返していくうちに、しだいに条件が下がってしまうケースは珍しくありません。せっかく転職活動をするのであれば、だれでもより好条件で再スタートを切りたいと思うはずですよね。

よりよい転職を成功させる為には、自分についてしまったマイナスイメージを払拭し評価してもらう必要があるのです。